近くて遠い国 中国とのつきあいかた

『なぜ中国はこんなにも世界で嫌われるのか』 内藤明宏 読了

タイトルからアンチ本を想像しますが、筆者は決して反中でも嫌中でもなく、
極めて客観的に中国および中国人を分析しており、その中身も当方が見聞きし
考えている内容とも合致して、非常によく整理されていて納得感があります。

好き嫌いの感情論ではなく、いかにかの国と付き合っていくか。
その示唆も与えてくれています。

中国人と接点を持たれている方は今、必読の一冊。
新書なのであっという間に読めちゃいます。

頭の片隅にメモっておくと、中国人とのコミュニケーションがいろいろと
スムーズに進むかと。
c0094713_1414267.jpg
(あえて注文をつけるとするならば、筆者が整理した現在の中国人・日本人
それぞれのパーソナリティーは、過去からどのような経緯で構築されて今日に
至ったのか。それは歴史的・文化的背景から推論できるはずなので、その点を
もう少し詳細に踏み込んで言及して欲しかったかな。)
[PR]
by kinase | 2013-09-04 01:57 | 考える
←menuへ