docomo iphone 発表後に考える

c0094713_12331153.jpg
さて、事前の情報どおりdocomoがiphoneを販売することになって、いろいろな事が判明しつつ
ある訳ですが、とある調査によると既存docomoユーザーの50%以上がiphoneを買いたいと
思っている、みたいな結果がでてますね。

これを信じるとすると、docomoの既存顧客マジョリティーは、やはりレイトマジョリティー以降に
位置していると想定されますので、そこそこの販売数は見込めて短期的には、さほど間違った
選択ではなかったと評価されると思われます。

まあ、それはそれで良いのでしょう。

でも、やっぱりdocomoの今後が安心できるとは、とても思えないんですよね。
気になるのはポストiphone、ポストappleの出口戦略。

今回のappleの発表会後にappleの株価は急落、発表会を見ても新製品を見ても、明らかに
アフタージョブスの推進力が減退しているのを皆様も感じているはず。

http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323410304579069770977684390.html

一部では、従業員の士気が低く、人材が流出し開発力にも影響が出ているとも報道されています。

また、日本にいると以外に映るかもしれませんが、世界のスマホOSのシェアでiOSは実は13%
しかない(android79%)らしい。

・企業の推進力(イノベーション力含む)が落ちている
・後ろ向きな社内の雰囲気
・シェアがない
・ブランドが毀損しつつある

という現状が顕在化している企業に明るい未来が望めないことは歴史が証明しています。
マーケットでは、アップルがついに本格的に傾きかけてきている、というのは周知の事実。

個人的にも残念ながら、iphoneバブルの終焉は以外に早くくるんじゃないかな、と。
だとすると、バブル終盤にバブルに乗ってしまったdocomoはどうなるのか,,,,

ただでさえ、ツ-トップなどというトチ狂った打ち手でたいした成果も挙げられなく、苦し紛れの
一発逆転狙い。その打ち手も、既にブームが過ぎ去ったものだったとしたら,,,,

もう、どうにもこうにもビジョナリーカンパニーの衰退の五段階に当てはまってしまうんです。

とにかくですよ、やっちまったものはもう仕方が無いですから、docomoにはiphone導入後の
最悪のシナリオも考慮に入た企業戦略・中期事業計画を機敏に実践してもらいたいものです。

docomoが自らの判断を誤ったがために毀損したリスクコストを、我々消費者の月々の支払いに
コソッと上乗せする、それに他2キャリアも便乗し益々日本の携帯料金が相対的に高くなる、
なんてことは断じてあってはなりません。

(個人的には現時点での選択肢としては、国内メーカー(ソニー・シャープ・京セラ・富士通)との
関係をきっちりと継続して未来を見据えるほうが、自らの首を絞めることにならず、将来的に良
かったのではないか、とめずらしくコンサバティブな意見を述べてみます。)



<余談>

>おれがドコモの社長なら減益覚悟で安売りする。
>それで借金だらけの禿を追い詰める。

とある投稿、面白い。
[PR]
by kinase | 2013-09-12 12:33 | 考える
←menuへ