カテゴリ:DOUBLE CORE( 185 )




[PR]
A&Fさん、やりますね!

少なくとも1年に一回はベアリングを交換したくなるところですので、多少お高いSANTACRUZも御買い得感が出ます。

その他にも、当然フレームに5年間のメーカー保証とカーボンフレームクラッシュリプレースメントサービスが付帯。

やはり、アフターサポートを考えるとフレームは国内正規品に限ります。


◆生涯ベアリング保証
ご使用頂いているベアリングに不具合が出た場合はその部分のベアリングを無償で交換致します。
・国内ディーラで購入頂いたファーストオーナー様のみ有効になります。ファーストオーナー様がそのフレームに乗り続ける限り何度でもご利用頂けます。
・A&Fユーザー登録を必ずお済ませください(全てのフレームにユーザー登録用紙が同封されています)
・一度に全てのベアリングを交換するのではなくベアリングの不具合が出ている部分の交換になります。
・ご購入頂いたショップ様よりお問い合わせください。
[PR]
前のエントリーで書いたことが現実になりました。

GWINがスペシャライズドに移籍決定のようです。

過去のWC界で、こんな露骨な引き抜きは記憶に無いです。

契約の抜け穴を突いたってやつでしょうか。

やっぱ、やることエグいな、スベシャ。
ビジネスだけじゃなく、こういうところにも会社の基本方針みたいなものが垣間見えます。

また、喧嘩の相手がマーティンですからね。色々反撃を画策してるようですが、あの人怒らせたら、マジ業界の立場やばいでしょ。嵐の予感です。
GWINは片道切符でしょうから、スペシャでダメだったら次の行き場はなさそう。

これで一戦目からGWINの勝利はマストですね。
勝って当たり前だけど、勝てなかったら誰に何を言われるかわからない。
結局、ブレンダンもサムヒルもデモでは満足な成績出してないから、バイクの基本性能も問われそう。

色々考えさせられますが、今シーズンの結果が全てですかね。
[PR]
クリスマスジョークか何かかと思ったのですが、どうやらピンクちゃんによるとサムヒル移籍は本当みたいですね。

しかも、CRCチーム。
c0094713_9275815.jpg

ジョーとマットシモンズは継続で妥当な選択。マティは、、、もういいんじゃないですね。

NUKEPROOFのバイクは動きを見ている限りは前作よりはまともそうで、最大のボトルネックでっあったマルゾッキから恐らくRockshoxに変わるでしょうから、そこそこ戦闘力はありそうです。
が、今後の開発の観点では、前チームほどレスポンスは良くないだろうし、彼中心にチームがどこまで動くのか未知数。
サムヒルとしてはIRONHORSE時代に戻った感じでしょうか。
大手メーカー直系のGwinと比べるとチーム力は落ちますね。
F1ほどは成績に直結しないとはいえ、最近のDH-WCサーキットでも似たような大手メーカー直系チームが強い傾向を感じます。

怪我が続いてここ2シーズンはイマイチでしたが、常に他の選手の一歩先の次元を模索する姿が垣間見えますので、心機一転移籍がハマって常勝サムヒルが帰ってくる事を楽しみにしましょう。

いや、それにしても驚きの移籍でした。
恐らく、今オフ最大の移籍話になるでしょうね。

スペシャはトロイと誰を組ませるのかな?
撤退ということであれば合点がゆくんですが。
あそこはパーマー時代に似たようなことしてるからね。
(Gwin引き抜こうとしてるんですか!?)
[PR]
基本的に、バイクにそれ程厳しくはない乗り方なのですが、どうも昔からBB周りだけは負担をかけているようで、BBとクランクは年イチペースで交換します。

クランクは、170mmを使っていたのですが、昨オフくらいから地面にペダルをよく当てていて、さらに今年はコケて怪我して6,7月に乗れなくなってしまうとうヘマかましたので、泣く泣く165mmに戻します。
丁度、SAINTがM810からM820になりましたので、M820を導入。

しかしこれ、やっぱり外観見てもどこが新 しくなったのか全くわからない。
c0094713_23313612.jpg

c0094713_23315059.jpg

BBは外観全く同じだし、クランクも形状ほとんど同じ。重さが20g程軽くなったけど、クランク長短くなったことを差っ引くと、、、
M800からM810の時は全く別物になりましたからね。
M810で許せる剛性ギリギリで、これ以上軽くなったら使えるか不安だったので、ひとまずは良しと考えますが。

まあ、それだけM810クランクの完成度が(シマノから見て)高かったんでしょうかね。
個人的には剛性ちょっと物足りなかったですが。もしかしてシマノもわかってたけど新型で重くなるってのは無しだったとか?
アルミ母材と冷間鍛造の進化に期待しましょう。
[PR]
今年もシーズンが終わりまして、頑張ってくれたバイクのオーバーホールか徐々に進行します。

まずは、後半気になっていたチェーンデバイス。

気になっていた理由がネジ緩みだったことが判明して一安心。

しかしながら、ロアガイドにはMRPで連発するクラックをやっぱり発見。
c0094713_1241751.jpg

スペアの新品を開封すると、ボルト圧で潰れる部分に金属補強が入ったアップデートバージョンでした!
c0094713_1283100.jpg

こういう、見た目にはわからないけど堅実なアップデート、好きです。

流石は老舗専業メーカー。
トラブルを極力減らすために、やっぱり、こういう信頼できるメーカーを選んじゃうんですよね。

これで、MRPの一番大きな弱点を心配しなくてもよくなりそうですね。
[PR]
ラピエールチームが早くも来年の体制を発表しましたね。
http://www.facebook.com/teamlapierre

ブレンキーとロイック・ブルーニが残留しましたが、
機材がSRAMに変更です。

ブレンキーは初SRAM?
HONDAターナーでもYETIでもFOX/SHIMANOでしたね。

気になるのは抜けたキャメロン・コール。

TREKに追加されるのはもしかして、、、
[PR]
遂にGWIN時代到来の完勝といったところでしょうか。
今シーズンはグレッグとの一騎打ちになりそうです。

女子は久々のレイチェル。
一人だけ男子ラインを攻める昔の走りを取り戻した感じで、今後も勝ちそうです。

3位のGeeは一瞬、中盤のミスが無ければコンマ差の2位グレッグの上で兄弟優勝
だったのにとも思いましたが、GWINの走りは完全に一人だけ次元が違いましたね。

その他、気になったところで言うとラピエールチーム。
キャメロンコールやブレンキーの走りには復活の予感がありましたし、実際に生で
見ると若手のロイック・ブルーニはヤバイらしいです。
ライダーのラインナップはとても良いのに…
今後に期待しましょう。

あとは久々にYETIに良さそうなアメリカ人の若手が加わりましたね。
本来のYETIチームらしくなってきました。
決勝でミスはしましたが、とても良い走りをしていました。
RUDE JR Richard 注目です。
[PR]
今年からダイキの後釜として修善寺番人になったネガミくんが
エントリーユーザー向けショートDHレース開催に向けて
頑張っているようです。

修善寺サイクルスポーツセンターは首都圏から以外に近くて、
小田厚から箱根の有料道路を使うと一時間半くらいで行けちゃいます。

コンセプトも自分が手掛けていた、初期の草津のレースに
似た感じなので、応援したいと思っています。

初めてレースに出てみたい方、いかがでしょうか。

第一戦は6/10開催です。

http://www.csc.or.jp/sport/event/mtb_challenge2012.html
[PR]
ようやく、MAVICも軽量化のやり過ぎの非を認めたようで、12モデルからリアハブシャフト周りの
モディファイが行われてます。

懸念事項に若干の改良が加わった感じで、改悪はされていないようなので一安心。

まず、メインシャフト。
以前当方が指摘したアウターバテッドをようやく止めてくれました。
<Old>
c0094713_13534544.jpg

<New>
c0094713_13541012.jpg

たかが1mmと思われるかもしれませんが、ベータチタニウムにおけるリアシャフト開発の知見から言うと、
アウターの1mm増しの効果は実感できるくらい大きいはず。

形状も結構変わっていて、フリーボディーの付け根の一番折れやすい部分がダンゴ形状になりました。
c0094713_1403396.jpg

まあ、ハブボディー側のベアリング内径を上げて団子の外径に接触させるような変更を加えない限り、
このダンゴの付け根部分が要注意ポイントになるとは思うのですが、以前の形状よりはましでしょう。

そして、フリーボディー。
<Old>
c0094713_1420929.jpg

<New>
c0094713_14202288.jpg

ダンゴの部分に以前あった接触ベアリングは無くなり、代わりにフリーボディー内部のより奥に、
少し小さくなった非接触ベアリングが配されています。

旧型でこの接触ベアリングは、ある程度メンテしていれば殆ど水の影響を受けることは無かったので、
さらに内側に引っ込んだベアリングは非接触でも問題ないと思われます。

MAVICは今回のアップグレードで回転抵抗も低減されるとうたっているようですが、恐らくこの非接触ベアリングを指しています。
シャフト剛性を上げるための再設計の結果、オマケでついてきたというレベルですね。
c0094713_14155462.jpg

さらに、防水性能を上げるシールとのコトですが、高さが変わったくらいで、本当にそこまで変わるの
かな?といった印象。
これは、実際にしばらく使ってみての判断ですね。

重量ですが、当然シャフト重量は重くなっているものの、フリーボディーのベアリング小型化や、
アルミパーツの更なる軽量化により、ほぼ同じ重量に揃えてきています。
<Old>
c0094713_14212713.jpg

c0094713_14263295.jpg

<New>
c0094713_14214674.jpg

c0094713_14271013.jpg


以上のことから、アップデートのミッションは『重量を増やさずシャフト剛性を上げ防水性を高める』
であったと推測。

出来る範囲でのアップデートとしては、評価できる内容だと思います。

アップデートの内容から見て、当方の懸念の通り旧型は結構シャフトが曲がったり折れたりしているの
ではないかと思われるので、MAVICには少なくとも国内正規代理店品については無償アップデート
で対応してもらいたかったですね。

いよいよ、今週末から富士見パノラマもオープン。
アップデートの成果が、ちょっと楽しみです。
[PR]
←menuへ