<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ふと思った。

アシカとアザラシって何が違うの?

さっそくWikipediaでお勉強

『アシカ(海驢)は、アシカ亜目(鰭脚類) アシカ科 アシカ亜科に含まれる海生哺乳類の総称である。現生のアシカ亜目(鰭脚類)は、アシカ科・アザラシ科・セイウチ科の3つに分かれるが、アシカ科から小ぶりなオットセイ類をオットセイ亜科として分離した残りがアシカ亜科となる。』

……????

ようは、ゴマちゃん系の奴らはみんなアシカって呼んで良いわけ。
さらに、そのアシカグループの中に、アシカ・アザラシ・セイウチの3種類いるってこと。

わかった?

一応、大学で生物学を学びましたからネ、さらにトレビアを。

生物を分類するには、上位の階級から界>門>綱>目>科>属>種の7階級が主に使用されていて必要に応じて族とか亜とかを付けるわけ。

つまりアシカはこの辺で使われる名前。

界>門>綱>目>科>属>種
         ○  ○

一方、アザラシはアザラシ科だからココだけ。

界>門>綱>目>科>属>種
            ○

ほら、だんだんわかってきたでしょ?

さらにWikipediaから。

『アシカやオットセイなどのアシカ科の動物(以下、合わせてアシカ類とする)は、一見アザラシと似ているが、いくつか明確な相違点が見られる。

まず、水中での遊泳方法が大きく異なる。アシカ類は前脚が発達しており、左右の前脚を同調させて鳥が羽ばたくような動作で推進力を得る。この遊泳法では前脚が一種の翼として機能しており、前脚を振り下ろすときに翼面に揚力が発生して前方に引っ張る力が生じ、これによってアシカの体は水中を前進する。このアシカ類の遊泳方法は、ペンギンやウミガメなどと基本的に同じである。一方、アザラシは後脚が発達しており、左右の後脚を交互に左右に煽って、あたかも魚類の尾びれのように用いて推進力を得る。

この遊泳方法に見られる形態の相違は、陸上での移動方法および歩行能力の違いにも現れている。アシカ類は強靭で長い前脚と前方に曲げることが可能な後脚とを用いて、身体を地面から持ち上げた状態で、比較的上手に陸上移動を行うことが可能である。 一方、アザラシの前脚は身体を支えて持ち上げる程には長くはなく、後ろ鰭(後脚)を前方に曲げることもできず、陸上では前脚で這いずるようにして移動することしかできない。

また、アシカ類には耳たぶがあるが、アザラシの耳は穴が開いているだけである。』

え~~
 アシカには”耳たぶ”があるんだ!!!!

もう、週末は水族館行くしかないでしょ!! 耳たぶ見るでしょ!!

あれ?アシカは動物園にいるんだっけ?

以上、97へえ~ 獲得です。
[PR]
by kinase | 2006-10-30 23:34
今週末は、頑張って早起きして釣りへ。

天気も良く、自然の源流であるフィールドでさかなと勝負するのは、とても気持ちの良い感じでした。
c0094713_23235478.jpg

先週の釣りで、さかなには見えないはずのオレンジ色の糸が見切られていると気づいたのだけれど、それが今回の釣りで確証にかわりました。

さあさあ、ライン巻き直さなくっちゃ。

それにしても、50cmクラス(レインボー)の引きは強烈だったナ。
[PR]
by kinase | 2006-10-29 23:28 | 遊び
今、手がけているお仕事のテーマがコレ。

ここで言っている「できる人」の”できる”の意味は、
《自分の力で、求められている自分の役割に、自発的に答えることが”できる”》ということ。

分かり易くいうと、昨今の読売ジャイアンツの状態がダメな例。
「できる人々」ばかりが集まって「できない組織」を形成してしまった典型。

超一流企業では、選りすぐりのエリートを採用したはずなのに、2:8の法則(2割の稼ぎ手が8割の稼げない人達を食わせている)になってしまう。

結局、自分の「できる」能力と、他人の「できる能力を導く」能力というのは、必ずしも相関しないということ。

これからの企業の考え方として、「他人の10倍の仕事ができる人」を育てるよりも、「他人の5倍仕事ができる人を10人育てることのできる人」を育成して行くというのも、一つの方向性な訳なのです。
[PR]
本業のお仕事が忙しめな感じ。

あと1ヶ月くらいは横浜まで車通勤。
その後は、また 札幌→大阪→福岡 をちょこちょこ回って、年明けから本格的に2ヶ月の遠征。

ホテル住まいは慣れてるけど、それでもやっぱ疲れるよネ。

そんな地方遠征の楽しみの一つがご当地のお食事。

福岡に行ったら必ず寄ることにしているのが、ここ『なな草』。
場所は秘密(ヒントは中州の川沿い)
c0094713_23414982.jpg

博多女の女将と、キビキビと楽しそうに働く気立ての良く元気な若い子達。
躾の行き届いた気持ちの良い接客です。
もちろん、食べ物も絶品で、その日によって変わる地元料理をメインとした女将手作りの大皿料理の数々。

福岡は、他にも水炊きやもつ鍋、とんこつラーメン等々おいしいモノ満載で、大好きな出張先です。
[PR]
DOUBLE CORE が初めてメディアに登場!!

ローカルFM放送ってやつだけど。

TOKYOBIKE.TOURのあと、アジマルカフェに行ったら、スウちゃんからのインタビュー。

もう、電波にはなっちゃっと思うけど、そのうち、ポッドキャストとかにもなるのかな?

アジマルカフェはこちら。
c0094713_0274722.jpg

[PR]
無事に 『TOKYOBIKE.TOUR』 開催させて頂きました。

楽しかったですネ。 ありがとうございました。

今後も、もっともっと みんなで楽しく遊ぶ機会を提供していきたいと思います。
c0094713_002386.jpg

↑此処が間間間(さんけんま)にて週末のみ営業の喫茶めめ さんで~す。

ごちそうさまでした
[PR]
谷中の間間間にて、土日のみ営業している "喫茶めめ"さん。
知る人ぞ知る、鳥ハムが最高に美味。

週末のTokyoBikeTourの〆に、まったりと寄らせて頂きます。

http://kissameme.jugem.jp/
[PR]
【正式決定】
10月22日、23日にトーキョーバイクとのコラボイベントやります。
一緒に遊びましょう。
c0094713_0245795.jpg

[PR]
←menuへ