<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

自分のオフィスに行くときには、いつもバスで渡っているこの橋。
c0094713_21513119.jpg
この前、帰り際に、ふと思いついて、はじめて歩いてみた。

More
[PR]
by kinase | 2010-05-23 22:00 | Life
Tapir Product 第二弾
『6-4鍛造チタン 中空リアアクスルシャフト』
c0094713_0334134.jpg


More
[PR]
by kinase | 2010-05-21 00:52 | Tapir
やっぱり、ああいうコンディションのグレッグは安定してますね。
2位のジーは予想通り。
ブレンダンくんもよく頑張りました。

しかし、ブリンはTR450とばっちり合っちゃいましたね。
事前の映像で見ていたとおり、完全に波長が合っちゃってノリノリな感じ。
今回のライダーの中で、一番マシンコントロールしているように見えました。

一方、ブレンキンのラピエールはかわいそうなくらいリアが動いてませんね。
今年のブレンキンは相当厳しそうです。

でも、今回本当に一番ひどかったのはFreecaster。
facebookでもf×ck!f×ck!言われ続けてました。
有料になったのに、さらに通信が悪くなりました。
確かに、お金返せかも。
[PR]
NEWサム・ヒル号のボクサー、2,3cmくらい長くないっすか???
c0094713_218068.jpg

[PR]
こそこそとNEW BOXXERが進化しているの、知っていましたか?
ロアーレッグが変わったのは有名なところですが、かなり良くなってきていますね。

そして、ブラックボックスプロジェクトもどんどん進化して、やっぱり、インナーチューブコーティングが来てますよ。
c0094713_17213453.jpg
【売りたし】
まあ、そんな煽りもありまして、もう一本の個体がまもなくやってくる予定になってしまいまして、昨日手元に届いた
2010 BOXXER WC(ver2.0)Black 完全未使用
(箱開けただけ、ポンプ・クラウン2種等、初期備品すべて込み)
『16万円』 でお譲りしたいと思います。
組換えを了承いただけるのであれば、白い個体の新品アッパークラウン、ロアレグ、ステアチューブに変更して、白い奴としてお出しすることもアップチャージ無しで対応させていただきます。

WCは、初期フリクションが大きいという問題を抱えているようですが、この個体は初期がスムーズに入るように感じます。
また、ボクサー初期にありがちな精度の悪さもなく、アッパークラウンも簡単に手で抜き差しできるくらいの精度です。

4,5本のBOXXERを触りましたが、つるし段階での精度とスムーズさはピカイチの当たりフォークだと思いますので、御検討 頂けると幸いです。なお、当然ながら手厚い補償などは、ご期待に添えませんのであしからず。

5/24終了しました。
[PR]
秘密の玉手箱。
http://www.astroeng.com.tw/products.asp
c0094713_231143.jpg

[PR]
c0094713_22415449.jpg
何かわかるかな?
http://www.enduroforkseals.com/id275.html
[PR]
CG誌(カーグラフィック)が2010年6月号を持って二玄社での発行を終了するみたいですね。
すでに、NAVIも休刊。

雑誌メディアから真っ先に体感することになろうとは…
高校生のころ、これらの雑誌を眺めて、スーパーカーに憧れていたことを思い出します。

今の若い子に、クルマのステータスは全く無いそうですネ。
かっこいい外車に乗ってると女性にもてる、なんてのは全くなし。
自動車会社は、団塊ジュニア世代を中心としたマーケティング戦略に終始し(”いつかはクラウン”モデル)、若い世代の洗脳を怠りました。

こういったあたりからも、会社の寿命30年説の信憑性を感じます。
社会的に影響力の大きい会社は、時代に乗っかるのではなく、時代を自ら創っていかなくてはいけないということです。

一方でクルマのステータスが上がりまくっているのが中国。
広州あたりでもランボルギーニやハマー、フェラーリなど旧世代の価値観を象徴する乗り物が溢れているそうです。
都市部への人口集中に対するインフラが全く整備できていない状況で、ナンバープレート取得にも30万円もかかる。民意の低い人達ですから、交通事故も爆発的に拡大の一途をたどることでしょう。
そうまでしてクルマに憧れをてしまうかの地の人々の姿は、もはや滑稽にも映ってしまいます。

でも、そんな中国人の心理に付け込んで、クルマという旧世代のモビリティーを押し売りする自動車会社が、本当は最も罪深いのかもしれません。

まあ、そこから自動車会社自身が抜け出すためのお仕事を、今 お手伝いさせていただいているわけですけど。
[PR]
遂にDirtに出ましたね。
c0094713_223019.jpg
c0094713_2230152.jpg
ぱっと見、V10の気になっていたところが殆ど改善されていて、とても良さそう、というか乗りたいと思うフレームになってます。細かいところの造型もよく作りこまれていると思います。

フレーム単体での900gの軽量化は、前三角がカーボンになったぐらいじゃ常識では不可能な数値なので、少なくともエアサス分を差し引いて考えないといけないでしょうね。
[PR]
まだ、プロトですね。
c0094713_1620533.jpg
c0094713_165072.jpg

でも、良かったと思います。
M6の完成度があまりに高かったので、実は過度に変更すべきではないと考えていたので。

あまり他では指摘されてないですが、このフレーム形状により、さらにユニット位置が下がって低重心化が極限まではかられてます。スゴイ

ネクストジェネレーションVPPの効果が気になります。
[PR]
←menuへ