<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

放射能汚染のリスク回避のためかシカゴに逃走した弟から、イオンの品不足に悩まされている兄に支援物資が届きました。
c0094713_22461595.jpg
右の箱がポップコーン。一箱に3袋入り。

レンジに突っ込んで2分くらい経つと、袋一杯にポップコーンが出来上がります。
全部はじけてないともったいない、と長めにレンジしたら、きちんと焦げてました。
火は使ってないのにどういうこと?

アメリカのスーパーの棚には大抵、このようなレンジでチンするポップコーンが置いてあるのですが、日本ではあまり見かけませんね。

おいしゅうございました。
[PR]
by kinase | 2011-03-26 22:47 | 美食
このところ、新しいブロックパターンのDHタイヤが発売されず、他のチェンシン製タイヤやシュワルベ、コンチネンタルといったヨーロッパ勢に猛烈にまくられていたMAXXIS。

ピンクちゃんによると台北ショーで新しいプロトタイプタイヤを発表したようですね。
c0094713_19294334.jpg
c0094713_19295211.jpg
これは正に
ハイローラー + モブスター + ネベガル + ミニオンF + アーデント
を実現した、夢のタイヤではないですか!

位置付けはハイローラーの後継。
太さが2.4ていうのが新しくてトレンドを押さえていますね。
これでサイドがしっかりしていてパンク耐性が高く、軽量であれば言うこと無し。
”Descendant”という仮称が付いているようですが、まだ未決定とのこと。

我々は
『ハイモブガルミニデントF2.4』
と命名致しました!!!

もしかしたら一昔前のように、とりあえず何も考えずにコレ着けとけ的な位置付けのタイヤになりそうな予感。
MAXXIS絶対の時代が再び戻って来るのでしょうか。
[PR]
ニューヨーク外国為替市場で、円相場が一時1ドル76円25銭まで急伸し、1995年4月に付けた最高値(79円75銭)を16年ぶりに更新した。
東京外国為替市場でも現在、79円を境に取引が行われており、予断を許さない状況だ。

この急激な円高は、巨大地震や原発事故を受けて、国内企業が海外投資に慎重になっている、あるいは保険会社が海外の保有資産を売って日本に戻す(復興のための円資金が必要)、などといった思惑から、海外の投機筋が円買いを進めたためだと言われている。

円が最高値を更新したのはニューヨーク市場の終了間際の取引が薄い時間帯。
投機筋とみられる円買い注文が入って円が急伸すると、損失確定のための円買い注文が相次いで出され、円相場は一気に76円台に跳ね上がったという。
円反落を見込んで円売り・ドル買いの持ち高を膨らませていた日本の個人投資家も損失確定を余儀なくされ、円高がさらに加速したそうだ。

More
[PR]
c0094713_1022443.jpg各メディアの噂によると、RaceFaceが清算手続きに入ったようです。
シマノが強すぎ、SRAMと二社しか生き残れないということでしょうか。

TAK21さん、中心ブランドを失うとなると大変ですね。
[PR]
by kinase | 2011-03-13 10:23 | Tapir
余震も少し落ち着いてきたので、自宅周辺の現状を確認、把握するため外出しました。

隣の島の新木場では至るところが液状化しており、まさに被災地の惨状。
地震は過去のものではなく、未だ緊急時下にあることを実感します。
c0094713_016497.jpg
c0094713_0162447.jpg
c0094713_0155859.jpg
c0094713_0151164.jpg
c0094713_0144124.jpg
同じ埋め立て地なので、ウチの周りがこうなっていてもおかしくないことを考えると、ラッキーだったとしか言いようがありません。
真っ直ぐ伸びていた歩道が、波打ち3D化している姿を少なからず見かけました。
対岸の市原コスモ石油の火災の黒煙も目視できました。

物流が滞っているためか、目の前にあるイオンからは生鮮食品をはじめカップラーメンまで、食料品が根こそぎ消えています。

果たして、明日には西方から食料は届くのか?

東京でも、平穏な日常を迎えるにはもう少し時間がかかりそうです。
[PR]
by kinase | 2011-03-13 00:39 | Life
海外でも速報やトップニュースで大きく報道され、既に50カ国から救援の申し出があるようです。
10m近い津波に飲まれて消えた、三陸の小さな町や村の方々が心配です。

当方は、電気・水道・ガスの生活インフラも問題なく、心配していた津波の影響もなく、通常生活と変わりなくベットで寝ることが出来ました。
水槽から水が飛び出し、スピーカーは倒れ、モルくんはびっくり顔で、玄関が数センチ高くなりました。
c0094713_10493545.jpg
川崎の実家は、地震発生からしばらくのあいだ停電が起き、情報が遮断されていたようです。

東京でも大規模に生活インフラが乱れ、情報が遮断される状態となっていたとしたら、より混乱が増していたでしょう。
地震のエネルギーを勘案すると、大規模停電が起きてもおかしくなく、東京のダメージは奇跡的に軽微であったように感じています。これは、地震が横揺れであったためではないかと素人ながら拝察しています。

もし、縦揺れで震度5や6などといった地震が東京に発生したら、ビルや道路の崩落など、甚大な被害になっていたように思います。

それにしても、大規模災害時に携帯電話が通信手段として脆弱であることが、あらためて浮き彫りになりました。
対して、当家ではIP電話やpopメールといったインターネットネットワークが、有用に機能しました。
インターネットの世界はトラフィックの問題が早くから取り上げられ、インフラに莫大な投資が行われています。一方で、携帯電話の世界は、『年末年始はご使用をお控え下さい』などと、責任を使用者に転嫁してきました。
携帯電話は、”あったら便利”なツールから”生活になくてはならない”ツールへと、現代ではそのプレゼンスが確実に変化してきています。その事実を携帯各社は正しく自覚し、リスクへの投資を怠らない姿勢を期待します。

例えばソフトバンクのCSR報告からは、社会インフラとしての自覚は全く見て取れません。
災害・事故対策は別枠で謳っていますが、施策レベルではなく、理念や行動指針のレベルで深く胸に刻み込むべきだと思います。
少なくとも、この点においてはNTTグループの社員の方々のほうが高い自覚をお持ちのようです。

SIMロック解除も価格競争もいいでしょ。
ただし、なぜNTTが過去に国有企業であったか、あらためて問い直し、携帯各社自身が今はそのポジションを担う社会的責任を負っていることを自覚し、行動に移して欲しいモノです。

(政府がホールセール・リテール双方の金融面で、きちんと対応しているのは好感が持てますね。)
[PR]
by kinase | 2011-03-12 10:56 | Life
ちょっと前になりますが、たまたま同じ日に同じタイミングで、この二人が風魔新宿さんで大きなお買い物されてました。
c0094713_2353626.jpg
奥の人は本人のブログで報告されてますが、チャーさんは???

みんないいな~
うちも新車欲しいな~

サンタのニッケルとか…
[PR]
←menuへ